全てのライブ・イベントに関するご質問、
チケット予約・購入はこちらから→
お問い合せ

2019年7月15日(月・祝)愛知武豊町

カホンサークル「2019夏のらくおんコンサート」

開場  13:30  開演  14:00
場所 武豊町民会館「ゆめたろうプラザ」響きホール

出演:カホンサークル「楽音ジャック」

ゲスト:カホンサークル「Tocar」

入場無料

愛知県知多郡武豊町大門田11

2019年8月3日(土)愛知西尾市

「杉浦貴之トーク&ライブ in 西尾 @ BEANS」

Pianno 鎌田浩史

Percussion Kenzo

ライブ後の食事会では語らいましょう!(要予約)

命はそんなにやわじゃない!

生きているだけで素晴らしい!歌って、語る!笑いと涙の2時間!

がん余命宣告から20年。

病気になる前より、元気で幸せになった道のりを、

心に深く染み入る歌とトークで伝えます。

勇気、希望、生きる力が湧いてきた!経験を元にした命の歌は、

心の奥まで響いてきた!トークで笑いが止まらなかった!

命の無限の可能性を引き出す秘訣とは?

笑いあり、涙あり!歌とトークで【元気に輝いて生きるコツ】お伝えします!

【日 時】2019年8月3日(土)
16:00~18:00(開場15:30)

【場 所】カフェ BEANS 西尾市桜町2-6-2
TEL: 0563-56-7917

【参加費】ワンドリンク付き!
2,500円 ※要予約※ 限定40名!

【懇親会】18:00~20:00 杉浦さんを囲んで食事会
参加費: 1,800 円 オードブル・ドリンク付

【主 催】カフェ BEANS

【お問合せ・ご予約】
TEL 0563-56-7917(BEANS) 携帯 080-4110-7342(涌井)
Mail : i_wakui@yahoo.co.jp (涌井)

☆杉浦貴之プロフィール☆
1971年愛知県生まれ。1999年28歳にして腎臓の希少がん宣告。当時同じ症例で2年以上の生存例がなく、「早くて半年、2年後の生存率0%」と言われる。左腎摘出手術の後、抗がん剤治療2クール。以降、再発を予防するため自助努力に励む。呼吸法をきっかけに、発声により体の回復を実感し、歌うことへ繋がっていく。2005年、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。病床で描き続けた夢を叶えたことで見違えるほど元気になり、トーク&ライブでオリジナルソングを歌いながら、人間の無限の可能性を伝えるようになる。2010~2018年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」など出演。トークライブ、学校での講演、『メッセンジャー』の取材と全国を駆けまわっている。2011年12月「命はそんなにやわじゃない」を出版。http://www.taka-messenger.com/

【鎌田浩史】(ピアノ)
久石讓に影響を受け、音楽の道を志し、独自のスタイルを追求。現在、ビッグバンド、カルテット、トリオ、ソロ演奏と多様なスタイルで幅広く演奏活動を行なっている。新進気鋭・注目の若手ピアニスト。

【Kenzo】(パーカッション)
パーカッショニスト。富山県出身。2011年、愛知県に移住。世界各国の民族打楽器(南米ペルーのカホン、中東の打楽器ダラブッカ、世界各国のタンバリンのパンデイロやレク、タンブレッロなど)を主軸に演奏活動を展開中。2013年9月よりカホンサークル「楽音ジャック」の講師に。現在、ペルーのカホンメーカーの日本代理店「アテンポパーカッションジャパン」のモニタープレーヤー、エバンジェリストとして活躍中。名古屋の大須にある南米楽器「PUKIO」でもカホンとパンデイロの講師を務める。南米音楽グループ「RAYO AZUL 」、出身富山でのグループ「トロッコ」のメンバーとしても活躍中。Kenzoホームページ http://freeword.wp.xdomain.jp/

【メッセージ】
命って!生きてるって!人間の可能性ってすごい!余命半年から生還した杉浦さん!どうして今元気でいるのか!気付き、ヒントがたくさん詰まったライブ。病じゃなくても、みんないろんな悩みを持っています。心が感じるまま泣いて笑って♪感動・共感。悩みや心配の種を一つでも減らしてもらえたら嬉しいです。ありがとう。大丈夫だよ。よくがんばってきたね。自分をほめて癒してあげられる日になればと思います。

2019年10月6日(日)愛知岡崎市
「杉浦貴之ライブ&トークin岡崎」With ビンビンパワーズ 

special guest : 大須賀勝  岡崎Libra

3rdアルバム『YELL ~あなたの命が輝きますように~』発売記念!
すべての命を応援するライブ!音楽が人を元気にする!

歌い、語り、笑い、喜び、祈り、祝い、すべての命を応援するライブ!
魂が震え、心がふわっと軽くなる。腹の底から生きる力が湧いてくる!
がん余命宣告から20年。杉浦貴之が病気になる前より元気で幸せになった道のり、輝いて生きるコツを、魂まで響く歌声、トークで伝えます。それを支える、唯一無二の命の鼓動奏でるバンドサウンドが細胞まで染み渡っていく。
鎌田浩史氏(Piano)、Kenzo氏(drums&percussion)、新美善明氏(Bass)、臼井康浩氏(Guitar)にsupecial guestに大須賀勝氏(sax)を迎えた、バンドスタイルライブ!
三河が誇るサックス奏者・大須賀勝氏のソロライブあり!
がんサバイバーでホノルルマラソンを目指す『チームメッセンジャー』による合唱隊「Holy Bird」による合唱、コーラスが会場に彩りを加えます。
希望、勇気、笑いと涙の3時間!
この日の模様は録画配信もします!(やっぱり生が最高ですが、どうしても来られない方のために。遠方の方のために)
イベント終了の翌日以降に配信の準備と入金の確認ができ次第、お申し込みいただいた方のメールアドレスにユーチューブのURLを送りますので、そこをクリックするだけです!後からいつでも見ることができます。
ネット環境があれば、全国、世界のどこからでも参加可!
2019年夏以降、3rdアルバム『YELL ~あなたの命が輝きますように』発売決定!
予約はこちらから!豪華予約特典あり!
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bdfafa72279539
【日時】
2019年10月6日(日)13:00~16:00(開場12:30)(休憩15分有)
【場所】
岡崎市図書館交流プラザ りぶら ホール 愛知県岡崎市康生通西4丁目71番地
【参加費】
前売・予約 2,500円 当日 3,000円 小中学生 1,000円 未就学児無料
『メッセンジャー』定期購読者2,000円
録画配信 2,000円
【お申込み】
https://kokucheese.com/event/index/560941/
【お問合せ】
TEL 080-4110-7342(涌井) Mail i_wakui@yahoo.co.jp (涌井)
チームメッセンジャー
【主催】
チームメッセンジャー NPO法人四ツ葉の会
【チケット取扱所】
・はなのき村 岡崎市宇頭町東側12 TEL 0564-33-1066
・Cafeあすなろ 岡崎市伊賀町3丁目1 TEL 0564-22-6189
・えがお元気整体  岡崎市羽根町陣場264 TEL 0564-73-1651
・ききょうや(元気なパン屋) 岡崎市戸崎町沢田25  TEL 0564-53-2970
・手づくりサンドイッチのお店 すずや 岡崎市庄司田1丁目3−16 TYビル C号 TEL 0564-58-8833
・株式会社 太田商店(ランニングエッグ・岡崎おうはんのお店) 愛知県 岡崎市 福岡町字北裏 25-2
TEL:0120-519-705

<出演者プロフィール>
【杉浦貴之】 Vocal&Talk
1971年愛知県生まれ。1999年、28歳で腎臓の希少がん発症で「余命半年、2年以上の生存率0%」の宣告。左腎摘出手術後、抗がん剤治療2クール。その後は自己治癒力を高めるべく養生につとめる。20年経過した現在、命の雑誌『メッセンジャー』編集長兼シンガーソングランナーとして、がんになる前より元気にトーク&ライブ、講演、取材など全国を駆け回っている。主な出演番組「奇跡体験!アンビリバボー」「誰も知らない泣ける歌」他。2010~2018年がんサバイバーホノルルマラソンツアーを主宰。2007年、1stアルバム『Life is strong』、2014年、2nd『Rebirth』をリリース。2011年、著書『命はそんなにやわじゃない』を出版。http://taka-messenger.com/

【大須賀勝】Sax
高校のブラスバンド部でアルトサックスを始める。その後社会人ビッグバンド「ブルーサウンズジャズオーケストラ」に28年間在籍。2001年よりジャズフュージョンバンドP-proを結成し、刈谷市BIRDLANDにて定期ライブ出演。美しい音色と高い演奏技術から繰り出すメロウサウンドは聴き手を魅了し、ライブ、イベント、ビッグバンドなどのエキストラとして引っ張りだこ。岡崎ジャズストリートにも数々のバンドに参加してきており、昨年も自身が率いるクインテット、anJ’ jazztetで無料会場ながら満員御礼札止めの人気ぶり、豊橋ジャズ祭でも会場を大いに沸かせた。 後進の指導にも意欲的で、講師活動はもちろんのこと、岡崎市Blues House Lightnin ‘のジャズセッションホストを担当。初心者にも門戸を開いてサポートしている。

【鎌田浩史】(piano)
久石讓に影響を受け、音楽の道を志し、独自のスタイルを追求。現在、ビッグバンド、カルテット、トリオ、ソロ演奏と多様なスタイルで幅広く演奏活動を行なっている。新進気鋭・注目の若手ピアニスト。

【Kenzo】(drums&percussion)
パーカッショニスト。富山県出身。2011年、愛知県に移住。世界各国の民族打楽器(南米ペルーのカホン、中東の打楽器ダラブッカ、世界各国のタンバリンのパンデイロやレク、タンブレッロなど)を主軸に演奏活動を展開中。2013年9月よりカホンサークル「楽音ジャック」の講師に。現在、ペルーのカホンメーカーの日本代理店「アテンポパーカッションジャパン」のモニタープレーヤー、エバンジェリストとして活躍中。名古屋の大須にある南米楽器「PUKIO」でもカホンとパンデイロの講師を務める。南米音楽グループ「RAYO AZUL 」、ヨーロッパのダンス音楽グループ「バルカン星人」、出身富山でのグループ「トロッコ」のメンバーとしても活躍中。Kenzoホームページ http://freeword.wp.xdomain.jp/

【新美善明】(Bass)
保険代理店の経営をしながら、大好きなベーシスト活動を続けている。これまでに是方博邦、田村直美、ichiro、後藤輝夫、伊藤秀志などと共演。自身のバンドStrangeBlueは、2018年CBCラジオ主催バンドコンテストにて準グランプリ受賞など精力的に活動している。元PONTABOXの水野正敏氏に師事。ベーシストサークル東海スラップ研究会主宰。あらたびコンサルティング代表。終活診断士。

【臼井康浩】(Guitar)
guitar player,composer。中学よりギターを始め様々なジャンルでの活動を経て90年半ばより即興演奏を中心とした活動を行う。渋さ知らズオーケストラ、藤井郷子オーケストラ名古屋、OKIDOKI、ヒゴヒロシMAJIKA~NAHARU、元花電車のKeiとのギターDuo Flyline、東海道スモッグブラス、ryorchestra、ドイツのダンサーとのユニットHakidame Ni Tsuru等に参加。2003年7月ニューヨークにてエリオットシャープとDUOのレコーディング。2004.11ネッドローゼンバーグと共演。北京、ニューヨーク、ソウル、パリ、ドイツ他海外からのオファーも多い。Hakidame Ni Tsuruでは2013年にドイツツアーに参加。エリオット•シャープ来日ツアー、大友良英とのアジアンミーティングフェスのプロデュースも行う。ノイズ、音響、身体表現、舞踏、コンテンポラリーダンス、映像作家、書家、朗読、無声映画などジャンルの垣根を越えたコラボレーションを意欲的に行っており、近年は即興演奏する際の考え方であるインプロ思考法という独自のアプローチも発信。2015年7月韓国の現代音楽の大家パク•チャンスーが主催するOne Month Festival、2016年3月フランスツアー、2017年1月カリフォルニアにレジデンスで招聘、ロス、サンフランシスコツアーなど海外公演を精力的に展開している。
ホームページアドレス http://www.usui-yasuhiro.com
e-mail info@usui-yasuhiro.com

全てのライブ・イベントに関するご質問、

チケット予約・購入はこちらからお問い合せ

過去のライブ情報はこちら → 過去のライブ情報